←トップ頁へ

検索名  マルギナトケレウス・マルギナツス  
和名 ハクウンカク
漢字表記 白雲閣
別名・異名 マルギナトケレウス・マルギナツス
古名
語源 和名は、中国名の音読みから。※備考欄参照。/属名は、ギリシャ語のpachys(=太い)とcereus(=蝋燭)の合成語から。/種小名は「縁取られた」の意。
学名 Pachycereus marginatus
(=Marginatocereus marginatus)
英名 Mexican fence post cactus,
Organ pipe cactus
仏名 Tuyau d'orgue mexicain
独名 Perlbandkaktus
伊名 Organo a canne cactus messicano
西名  Cactus órgano,Jarritos
葡名  撮影地:沖縄県・
     熱帯ドリームセンター
漢名 白雲閣
植物分類 サボテン科パキケレウス属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地 メキシコ中部
花言葉 暖かい心・内気な乙女・秘めた熱意 撮影者:東京都 山口米子様
解説 ハクウンカクは、サボテン科の多年草である。メキシコ中部の原産であるが、本種は、5~7稜を持つ柱状サボテンであり、単幹で直立する。自生地での高さは3~7m、幹径は15㎝程度となるという。表皮は灰色を帯びた緑色で、稜には刺座が白色の点線を描いたかのように並ぶので白く縁取られる。本種の刺はあまり長くはない。花は長さ5㎝程度の筒状花で、径5㎝程度の白色となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 サボテン類並びに多肉植物の多くは、初期には、中国を経由して我が国へ渡来したために、中国名が漢字表記されていたために、我が国でそれを音読みしたケースが多くある。