←トップ頁へ

和名 マルバヤハズソウ
漢字表記 丸葉矢筈草
別名・異名
古名
語源 和名は、葉が丸味を帯びているヤハズソウの意から。/属名は採集家Kumerowの名に因んでいる。/種小名は「托葉のある」の意。
学名 Kummerowia stipulacea
英名 Korean clover
仏名
独名 撮影者:群馬県 権田 実様
伊名 撮影地:群馬県内
西名
葡名
漢名 圓葉雞眼草、長萼鸡眼草
植物分類 マメ科ヤハズソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 北米では帰化して牧草として利用されている。
原産地 日本/台湾/朝鮮半島/中国/ロシア
花言葉
解説 マルバヤハズソウは、マメ科の一年草である。我が国各地の原野或いは路傍等に普通に見られる野草である。ヤハズソウと良く似ており、加えて混在することが多い。全草に白色の軟細毛が目立つ。本種の場合、茎周囲の毛は上向きになり、ヤハズソウの場合には下向きとなる。草丈は10~40㎝程度。葉は3出複葉で、小葉の長さは1~1.5㎝程度の長楕円形で、小葉の幅はヤハズソウより大きく、全体的に丸味を帯びる。ヤハズソウの葉先は鋭頭となるが、本種の葉先は概して凹みを見せることが多い。8~10月頃、葉腋に淡紅紫色で、マメ科特有の蝶型の小花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考