←トップ頁へ

和名 マルバツユクサ
漢字表記 丸葉露草
別名・異名
古名
語源 和名は、葉姿が丸味を帯びているツユクサの意。/属名は、オランダの植物学者J・G・コムメリンの名に因んでいる。/種小名は「ベンガル地方の」の意。
学名 Commelina benghalensis
英名 Benghal dayflower,
Hairy wandering-Jew
仏名 Commélyne du Bengale
独名 Bengalische Tagblume
 静岡県熱海市:初島にて
伊名 Commelina benghalensis
西名 Commelina
葡名 Trapoeraba,
Trapoeraba-azul
漢名 圓葉鴨跖草,飯包草
植物分類 ツユクサ科ツユクサ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/染料
原産地 日本(関東以西)/アジア・アフリカ・オーストラリア
花言葉
解説 マルバツユクサはツユクサ科の一年草である。草丈は30~50㎝程度。一般的に、路傍や草地に自生する。茎は赤味を帯びている。葉は長さ3~7㎝、幅2~4㎝程度の広卵形である。葉の表面では平行脈が目立つ。葉の縁部は波を打ち、先端部は鈍頭となる。葉には短いえがつき、基部は筒状の鞘状となる。7~9月頃、茎頂の苞の中に花を付け、そこから花柄を伸ばし、径2.5㎝程度で青色~淡青色の花を2個付ける。花後には花柄が曲がり、苞の中に結実する。更に、マルバツユクサは、地下に封鎖花を付け、自家受精して種子を作ることも知られている。マルバツユクサは、葉は丸味を帯びていてツユクサ余理も大きめとなるが、反面花はツユクサよりも小さ目となる。
履歴 本種は、概して、本来的には海岸近くの草地に自生するツユクサの仲間であるが、今日、内陸部にも大分進出しているという報告が多数ある。また、世界的にも各国に帰化状態と化しているようである。 
県花・国花
古典
季語
備考