←トップ頁へ

和名 マルバテイショウソウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地(全5図):筑波実験植物園 

撮影者:東京都 山口米子様↓


漢字表記 丸葉貞祥草※
別名・異名 アオイハグマ(葵白熊)
語源 和名は、葉に鋸歯の見られないテイショウソウ(Ainsliaea cordifolia)の意から。
属名
は東インド会社の医師であったWhitelaw Ainslieの名に因んでいる。
種小名は、「芳香のある」の意。
学名 Ainsliaea fragrans
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 杏香兔児風/香鬼督郵
植物分類 キク科モミジハグマ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(四国・九州)/台湾/朝鮮半島/中国
花言葉
解説 マルハテイショウソウはキク科の多年草である。草丈は40~60㎝程度。葉は卵形で、全縁、葉の先端は丸味を帯びている。葉色は緑白色で、葉脈部分のみが濃緑色となる。茎・葉には軟毛が密生している。11~12月頃に、長い花茎の先に総状花序を出し、白色の筒状花(径1.5㎝前後程度)を下向きに開花させる。細長い花被片の先端は外側に反転し螺旋状に丸まっている。現在、花姿の写真が無いので、イメージを掴みたい方は、オクモミジハグマの頁を参照下さい。
履歴 環境省レッドデータブック「絶滅危惧ⅠB類}(EN)登録種
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※『植物和名語源新考』(八坂書房刊)の中で、著者の深津正氏はテイショウソウの表記に関して「貞祥草」ではないかとの考察を示している。