←トップ頁へ

検索名 マルバストラム・ラテリティウム 
和名 エノキアオイ
漢字表記 榎葵
別名・異名 シダレアオイ(枝垂葵)/マルバストラム・ラテリティウム/マルバストラム
古名   
語源 和名は、葉に粗毛が密生しエノキを思わせ、花姿はアオイを思わせることから。/属名は、ギリシャ語のmalva(=アオイ属)とstruma(=こぶ状突起)の合成語から。/種小名は「煉瓦紅色の」の意。
学名 Malvastrum lateritium 撮影者:東京都 中村利治様
英名 Creeping mallow,Trailing mallow 筑波実験植物園にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 磚紅蔓賽葵
植物分類 アオイ科エノキオアイ属
園芸分類 多年性草本
用途 グランドカヴァー
原産地 アルゼンチン/ウルグアイ/ブラジル
花言葉
解説 エノキアオイはアオイ科の多年草である。草丈は10~50㎝程度。草丈は、あまり高くならないが、濃紫褐色の茎は横方向には横走し1m程度まで茎を伸ばす。葉は掌状に3~5裂し、縁には粗い鋸歯があり、茎に互生する。葉には粗毛が密生する。5~7月頃、葉腋から淡紅橙色で径5㎝程度の5弁花をつける。花被片の基部には紅橙色の模様が輪状に入り、葯は黄色である。花は一日花であるが、次々と順次開花を進めるので楽しめる。
履歴 本種は南米原産であるが、世界各地に広く帰化状態にあり、我が国では小笠原諸島や南西諸島で帰化状態にあることが報告されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考