←トップ頁へ

和名jp マルバスミレ
 撮影者:千葉県 三浦久美子様 
    
撮影地:千葉県市原市    
漢字表記 丸葉菫
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、葉が丸味を帯びていることから。
属名は、アラセイトウニオイスミレ等芳香の強い花を示すラテン古名violaから。
種小名に見られるkeiskeiとは明治初期の植物学者伊藤圭介の名に因んでいる。
学名sn Viola keiskei
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名p
漢名ch
植物分類 スミレ科スミレ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え
原産地
distribution
日本(本州~九州)/朝鮮半島 
花言葉 ひかえめ・ 無邪気な恋・誠実・謙遜 
解説
description
ケマルバスミレはスミレ科の多年草である。概して日当たりの良い地に自生の見られるスミレである。和名に見られるように葉は丸味を帯びている。葉の形状はほぼ円心形で、長さは3㎝前後、縁には荒い鋸歯がある。4~5月、葉間より長さ5~10cmの花柄を伸ばし、スミレ特有の横向きの花を見せる。花色は白色で、唇弁に紫色の筋が入る。果実期には葉も大きくなり、柄も長くなる。 
履歴
県花・国花
古典1  
古典2  
季語  
備考