←トップ頁へ

和名jp マルバオウセイ
漢字表記 丸葉黄精
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名にある「オウセイ(黄精)」とは、ナルコユリの地下茎を乾燥させたものの漢方名である。
属名は、ギリシャ語のpolys(=多い)とgonu(=膝・節)の合成語で、根茎に多くの節があることから。
種小名は、「有毛花の」の意。
学名sn Polygonatum trichosanthum
撮影者:東京都 中村利治様
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:小石川植物園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)ナルコユリ属(←アマドコロ属)
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え
原産地
distribution
長崎県南部の海岸
花言葉
解説
description
マルバオウセイは、キジカクシ科(←ユリ科)の多年草である。所謂海浜型の野草で、長崎県の沿海地に自生が見られるという。草丈は50㎝前後㎝程度。茎は赤味を帯びていて、円柱形で、上部で弓状に斜上する。葉は、長卵形で、全縁、鋭頭。本種はオオナルコユリと良く似ているが、本種の場合、葉裏には、葉脈が突起状に出て凹凸が出来る点で区別されるという。4月頃、長さ2㎝前後程度で緑白色の筒状花をつける。花は、掲載した写真に見られるように、赤色の花柄の先に2個ずつ並んで下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考