←トップ頁へ

検索名  マルバノリクラアザミ(丸葉乗鞍薊)  
和名 ユキアザミ
漢字表記 雪薊
別名・異名 マルバノリクラアザミ(丸葉乗鞍薊)
古名
語源 和名の語源不詳。。/属名は、ギリシャ古名cirsionから来た名で、ギリシャの医師ディオコリデスが、静脈(cirsos)を広げるのに用いたヒレアザミ属(carduus)の薬草の名で、アザミに似ていることから転用されたと言われている。/種小名は「乗鞍岳の」の意。/変種名は「全縁葉の、完全葉の」の意。
学名 Cirsium norikurense var. integrifolium
英名 撮影者:京都府 藤井俊夫様
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科アザミ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(根・若葉)/薬用/路地植え/鉢植え/切り花/茶花/薬用
原産地 日本(長野県北部) 撮影地:長野県 上高地
花言葉 触れないで/反抗と無愛想/厳格/禁欲/批評家
解説 ユキアザミはキク科の多年草である。本種は、学名にも見られるようにノリクラアザミの変種として分類されている。茎は直立し、上部で分枝をし、草丈は1~1.5m程度に。葉は、長さ20~30㎝程度の長楕円状披針形であり、縁には鋸歯がある。他のアザミのように葉が大きく裂することはない点で大きな特徴を有する。葉裏には白毛が目立つ。8~9月頃、茎頂に球状鐘型で淡紅紫色の花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考