←トップ頁へ

和名jp マルバノホロシ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 丸葉保呂之
別名・異名
other name
ナガバノマルバヤマホソシ
ヤママルバノホロシ
古名
other name
語源
etymology
和名は同属のヤマホロシに対しての葉は葉が広いことから。
属名はラテン語のsolamen(=安静)に由来しているという。本属に鎮痛作用を持つ植物があるためと言われている。
種小名はロシアの植物学者で、東アジアの植物を研究したマキシモヴィチの名に因んでいる。
学名sn Solanum maximowiczii
英名en
仏名fr
独名de 撮影地:横浜山草会山草展
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 ナス科ナス属
園芸分類 蔓性多年生植物
用途use 鉢植え/路地植え
原産地
distribution
日本(本州:関東以西・四国・九州・沖縄)日本固有種
花言葉
解説
description
マルバノヤマホロシはナス科の蔓性多年草である。概して日当たりのよい林縁などに見られる野草である。全草無毛。同属のヒヨドリジョウゴの場合には全体的に有毛である。本種の葉は長さ5~10㎝、幅1.5~4㎝程度の狭楕円形~狭卵形で、葉縁は全縁ではあるが緩やかに波を打ち、先端部は尾状に細くなる。8~9月頃、茎上部の葉腋から集散花序を出し、径1㎝程度で白色~淡紫色の花をつける。花冠は5深列し、基部は緑色を帯び、列片は外方に反り返る。同属のヤマホロシの場合には花の基部が濃紫色となる。花後の果実は径7~10㎜程度の球形液果で赤熟する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物