←トップ頁へ

和名jp マルバコンロンソウ
撮影地:日光植物園
漢字表記 丸葉崑崙草
別名・異名
other name
古名old name  
語源
etymology
和名は、コンロンソウに対して小葉に丸味があることから。因みにコンロンソウの語源については不詳。
属名は、ギリシャ語のkardamon(=タガラシの一種)を語源としている。
種小名は、明治期に長野県の植物を研究した田中貢一氏への献名。
学名sn Cardamine tanakae
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 アブラナ科タネツケバナ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草
原産地
distribution
日本(本州・四国・九州)/朝鮮半島
花言葉  
解説
description
マルバコンロンソウは、アブラナ科の多年草である。概して山地の樹林下に自生の見られる野草である。全草に白毛が密に生えている。草丈は5~20㎝程度。葉は羽状複葉で、小葉は3~7枚。4~6月頃、総状花序に白色4弁の小花をつける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考