←トップ頁へ

和名 マルバフウロ
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様 

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方
漢字表記 丸葉風露
別名・異名 ゲラニウム・ロツンディフォリウム
古名
語源 和名は、まるみのある葉姿を見せるフウロソウの意から。
属名は、geranos(=ツル)から出たギリシャ古名。長いくちばし状の果実をツルのくちばしにたとえたものとか。
種小名は「円形葉の」の意。
学名 Geranium rotundifolium
英名 Round-leaf geranium
Round-leaved Crane's-bill
仏名 Géranium à feuilles rondes
独名 Rundblättriger Storchschnabel
伊名 Geranio malvaccino
西名 Agulles
Forquilles
Sussana
葡名 Gerânio-peludo
漢名 圓葉老鹳草
植物分類 フウロソウ科フウロソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 ユーラシア大陸
花言葉 変わらぬ信頼
解説 マルバフウロは、フウロソウ科の多年草である。草丈は10~20㎝程度となる。葉は径1.4㎝程度のほぼ円形で、縁部は5~7裂する。6~7月頃に花茎を出し、径5㎜程度で桃色の花を2個つける。
履歴 本種は、北米では帰化状態にある。
我が国でも帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考