←トップ頁へ

検索名  マルバハグマ(丸葉白熊)  撮影者:中村利治様 撮影者:東京都 山口米子様↓
 
和名 オキナワテイショウソウ
漢字表記 沖縄貞祥草
別名・異名 マルバハグマ(丸葉白熊)
古名
語源 和名の語源()については不詳。属名は東インド会社の医師White Ainslie氏の名に因んでいる。
種小名はギリシャ語のmacro(=大きな)とclinidion(=小花床)でmacroclinidiumとなり旧カシワバハグマ属となるが、それにoides(=似ている)の接尾語がついた語で「旧カシワバハグマ属に似た」の意かと推測される。
変種名は「沖縄産の」の意。
学名 Ainsliaea macroclinidioides var. okinawensis
英名
仏名
独名 撮影地(全3図):
伊名 筑波実験植物園
西名
葡名
漢名 阿里山鬼督郵
植物分類 キク科 モミジハグマ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本(琉球列島:奄美大島、徳之島、沖永良部島、沖縄島、伊平屋島、久米島、石垣島、西表島、魚釣島、トカラ列島)台湾/中国
花言葉
解説 オキナワテイショウソウはキク科の多年草である。概して琉球列島の山地の林床に自生の見られる野草である。草丈は20~50㎝程度。葉は心形または卵形で長さ6~13㎝程度、葉縁には粗い鋸歯があり、先端は尖る。葉の表面には光沢がある。10~1月頃、茎頂に長い花茎を出し、穂状に白色または淡桃色で、渦巻き状に見える花弁を持った独特の形状の花を開く。遠目には単独の花のように見えるが、それぞれは3個の花で構成されている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 和名の語源並びに表記に関してご存じの方、ご教示下さい。連絡先は、メニュー頁最下段にあります。