←トップ頁へ

検索名 マランタ・レウコネウラ・エリトロネウラ
和名 ベニヒョウモンショウ
漢字表記 紅豹紋蕉
別名・異名 マランタ・レウコネウラ・エリトロネウラ
古名
語源 和名は、葉に見られる紅色の模様から。/属名はベネチアの医師で植物学者でもあったB.マランティーの名に因んでいる。/種小名は「白脈の」の意。/変種名は「赤色脈の」の意。
学名 Maranta leuconeura var. erythroneura 
英名 banded arrowroot, Red-vein maranta 撮影:GKZ↑
仏名 撮影地:小石川植物園
独名
伊名
西名 Mranta roja
葡名
漢名 紅脈豹紋竹芋
植物分類 クズウコン科クズウコン属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え(暖地)/鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉 撮影者:東京都 中村利治様↑
解説 ベニヒョウモンショウは、クズウコン科の多年草である。草丈は30㎝前後。葉は広楕円形で長さ10㎝程度。葉はすべて根出葉で長い葉柄を持つ。葉表はビロウド状の黒緑色地に、主脈付近が黄緑色、葉脈が濃桃色と複雑な模様を見せる。花は淡青色を帯びた白色の小花であまり目立たない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考