←トップ頁へ

検索名 マラ・キーノック(タイ語名)   
和名 ヤセイニガウリ
漢字表記 野生苦瓜
別名・異名 マラ・キーノック(タイ語名)/あばしゴーヤー
古名
語源 和名は、「蔓茘枝」の意で、本種の果実をムクロジ科の果樹「レイシ」の実にたとえたものとか。/属名は、ラテン語のmordeo(=噛む)を語源とし、種子に噛み跡のような凹凸があるため。/種小名はインド名から。
学名 Momordica charantia
英名 Wild bitter groud 撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 短角苦瓜
泰名 มะระขี้นก
植物分類 ウリ科ツルレイシ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用/薬用
原産地 熱帯アジア/東インド
花言葉 強壮 タイ・スパン・ブリー:ブンチャワ野菜園にて
解説 ヤセイニガウリはウリ科の一年草である。我が国で近年ツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤー)の名で急速に普及を見ている野菜の母種と言うことになる。蔓性植物で、長さ5m程度になるという。葉姿や雌雄異花である双方の花もツルレイシに似ているが、果実の長さは5㎝程度ととても短い。ツルレイシに比して表面の凹凸が細かくなる。味はツルレイシよりもさらに苦味を増す。東南アジア諸国では、苦みの強い本種をこの無人が多いという。沖縄ではゴーヤーの名で家庭料理にすっかり定着している野菜である。巻ひげで他物にまきついてよじのぼる蔓性植物。花は黄色で雌雄異花。果実は表面に独特の凹凸が見られる。熟すると、橙黄色になり果実は裂ける。食用とするのは未熟果で、独特の苦味を持つ。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考