←トップ頁へ

検索名  マニラコチョウラン(マニラ胡蝶蘭) 
和名 コチョウラン
漢字表記 胡蝶蘭
別名 ファレノプシス・アフロダイテ/マニラコチョウラン(マニラ胡蝶蘭)
古名
語源 和名は、花形から。/属名はギリシャ語phalaina(=蛾)とopsis(=似ている)で「蛾のような」の意。和名同様に花形から。/種小名は、ギリシャ神話に登場する美・恋愛・豊穣の女神アフロディテ(=ヴィーナス)の名に因んでいる。
学名 Phalaenopsis aphrodite
英名 Aphrodite's Phalaenopsis
仏名 Phalaenopsis d 'aphrodite
独名 館林市:県立つつじが岡公園温室にて/撮影:GKZ↑
伊名    撮影者:東京都 中村利治様↓ 
西名 '14世界蘭展会場にて→  
葡名
漢名 台湾胡蝶蘭、菲律賓白花蝴蝶蘭
植物分類 ラン科ファレノプシス属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 フィリピン/台湾
花言葉 清純
解説 コチョウランは、ラン科の多年草である。本種は、フィリピンや台湾の標高300m以下の原始林や二次林の樹木に着生するランである。短い茎に長楕円形の厚味のある葉を数枚互生する。秋~春にかけて、長さ90㎝にも及ぶ花茎が弧を描くように伸びて径7.5㎝程度で白色の花を多数付ける。ファレノプシス属を概して「コチョウラン(胡蝶蘭)」と呼ぶが、本来的には、このアフロダイテ種への命名が「コチョウラン(胡蝶蘭)」ということになる。白色花の代表的存在で、各種園芸品種の交配親として用いられている。
履歴 本種はGeorge Joseph Karmelによって1704年に発見されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考