←トップ頁へ

検索名  マネッティア・インフラータ   
和名 アラゲカエンソウ
漢字表記 荒毛火焔草
別名・異名 マネッティア・インフラータ
古名
語源 和名は、茎や葉裏に粗毛が見られ、花色が赤色であることから。/属名は18世紀のイタリア・フィレンツェ植物園園長X・マネッティの名に因んでいる。/種小名は、「膨れた」の意。
学名 Manettia luteorubra (= M. inflata) 大阪府:咲くやこの花館にて
英名 Firecracker Flower/Brazilian Firecracker 撮影者:大阪府・藤井勝様
仏名 manéttie flammée
独名 Brasilianisches Zigarettenblümchen
伊名 Mnezia
西名 Manettia
葡名 manétia
漢名 黄紅蔓炎花
植物分類 アカネ科カエンソウ属
園芸分類 蔓性常緑多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 パラグアイ/ウルグアイ
花言葉 名声・たくさん話し合いましょう
解説 アラゲカエンソウは、アカネ科の蔓性常緑多年草である。葉は対生し、托葉を持つ。卵状披針形で、葉裏には粗毛が見られる。茎にも軟毛が見られる。花期は長く、3月頃から開花を始めて11月ころまで続く。花の形状は円筒状で、基部は膨らみを見せる。花の長さは2㎝前後で、先端は割れる。花色は紅赤色で、先端は黄色となる。
履歴 我が国への渡来時期は不詳だが、昭和5年以前には渡来していたと推測されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考