←トップ頁へ

和名 マムシグサ
漢字表記 蝮草
古名
別名・異名 ヘビノダイハチ/ムラサキマムシグサ/ヤマゴンニャク
語源 和名は、偽茎面の斑模様がマムシの模様に似ていることから。/属名はギリシャ語のaris(=植物の1種)とhaima(=血)の合成語で、葉に見られる斑模様から。/種小名は「鋸歯状の」の意。
学名 Arisaema serratum
英名 Asiatic cobra lilies
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 斑杖
植物分類 サトイモ科テンナショウ属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/下草/薬用
原産地 東アジア
花言葉 壮大な美
解説 マムシグサは、サトイモ科の多年草である。一見薄暗いような林の中に自生が見られる。全体的に紫を帯びる。偽茎は普通紫褐色の斑模様が見られる。葉は2枚で、偽茎の頂部近くにあって左右に開く。晩春に葉の間に花を見せる。仏焔苞は紫色または緑紫色で、白い線が縦に走る。液果は赤く熟す。
履歴
県花・国花 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
古典1
古典2
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 44 「ててんくん」