←トップ頁へ

検索名  マミラリア・プルモサ   
和名jp シラボシ
漢字表記 白星
別名・異名
other name
マミラリア・プルモサ
古名old name
語源
etymology
和名については不詳。(球形で、周囲が白色のためか?)
属名は、ギリシャ語で「乳頭を持つ」の意。
種小名は「羽毛状の」
学名sn Mammillaria plumosa
栃木県真岡市:井頭公園・花ちょう遊館にて
英名en Feather Cactus
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Pluma de cactus
Bola de plumas
葡名pt
漢名ch 羽刺仙人球
植物分類 サボテン科マミラリア属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
dsitribution
メキシコ・コアウィラ州
花言葉 暖かい心・内気な乙女・秘めた熱意
解説
description
シラボシは、サボテン科の多肉植物である。所謂いぼを持つサボテンのグループに分類されることになる。サボテンは大きく400種を擁すると言われているが、その中でもマミラリア属はサボテン科の中でも最大の属で分布範囲も中南米に広範囲にわたっている。この属の特徴は、語源の項でも記述したが、「乳頭を持つ」の意を持つ属名の通り、すべての稜が細かないぼになっていることが大きな特徴である。ところで、シラボシは、よく子吹きするため大きな群生状となる。シラボシは、英名のFeather Cactusに見られるように白色の羽毛状刺に覆われている。茎は緑色の球形で、径6~7㎝程度。花は経1.5㎝前後の黄白色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考