←トップ頁へ

検索名  マミラリア・マルクシアナ  
和名jp キンヨウマル
漢字表記 金洋丸
別名・異名
other name
マミラリア・マルクシアナ
古名old name
語源
etymology
和名については、不詳。
属名は、「乳頭を持つ」の意で、この属のサボテンは全ての稜が細かないぼになっていることから。
種小名はオーストラリア人サボテンコレクターDr.C.F.Marksへの献名。
学名sn Mammillaria marksiana Kainz
↑ 大阪府・咲くやこの花館にて
英名sn
仏名fr 左上の白色のサボテンは「白玉兎」です。
独名de キンヨウマルは中央部の緑色の球状サボテンです。
伊名it 撮影者:大阪府・藤井勝氏
西名es Cabeza de Viejo
葡名pt
漢名ch
植物分類 サボテン科マミラリア属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地
distribution
メキシコ・シナロア州
花言葉 暖かい心・内気な乙女・秘めた熱意
解説
description
キンヨウマルは、サボテン科の多年草である。サボテンの中でも、キンヨウマルの属するマミラリア属は、小型の玉サボテンである。語源の項でも述べたが、細かないぼがたくさんあり、細かい針状のとげとけを持つ。花は茎頂に輪のようにつくのが特徴。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考