←トップ頁へ

検索名  マミラリア・コンプレッサ  
和名jp ハクリュウマル
漢字表記 白竜丸
別名・異名
other name
マミラリア・コンプレッサ
古名old name
語源
etymology
和名については、不詳。
属名は、「乳頭を持つ」の意で、この属のサボテンは全ての稜が細かないぼになっていることから。
種小名は「扁平な」の意。
学名sn Mammillaria compressa
英名en Mother of Hundreds
撮影者:東京都 中村利治様
仏名fr
独名de
伊名it
西名es 筑波実験植物園にて
葡名pt
漢名ch
植物分類 サボテン科マミラリア属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地
distribution
メキシコ中部
花言葉 暖かい心・内気な乙女・秘めた熱意
解説
description
ハクリュウマルは、サボテン科の多年草である。サボテンの中でも、ハクリュウマルの属するマミラリア属は、小型の玉サボテンである。語源の項でも述べたが、細かないぼがたくさんあり、細かい針状の刺を持つ。花は茎頂に輪のようにつくのが特徴。ハクリュウマルの特徴は、原産地ではマット状に子吹きして広がり、株全体の径が1mにも及ぶという。個別のハクリュウマルの形状は径5~8㎝程度の短円筒形であるが、子吹きして低平な群生株を形成する。肉質は軟らかく、鮮緑色である。外側には、透明な淡黄色の長い刺が多数つく。花は橙赤色で、径5㎝前後である。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考