←トップ頁へ

検索名 マミラリア・ゲミニスピナ 栃木県真岡市:花ちょう遊館にて↓
撮影者:大阪府 藤井 勝様↓ 
 撮影者:東京都 山口米子様↓ ↑撮影地:伊豆サボテン公園↓
和名jp ハクギョクト
漢字表記 白玉兎
別名・異名
other name
ハクジュマル(白珠丸)
ハクジンマル(白神丸)
両色丸
マミラリア・ゲミニスピナ
古名old name 撮影:GKZ→
語源
etymology
和名形状と刺の色合いとからと推測される。
属名は、「乳頭を持つ」の意で、この属のサボテンは全ての稜が細かないぼになっていることから。
種小名は「刺が双生した」の意。
   撮影地:咲くやこの花館
写真右下の緑色に見えるのはキンヨウマルです。
学名sn Mammillaria geminispina
(= Cactus elegans,
Neomammillaria neo-elegans,
Neomammillaria elegans,
Mammillaria elegans,
Mammillaria albata
Mammillaria geminispina var. nivea
Mammillaria geminispina var. brevispina
Neomammillaria geminispina,
Cactus geminispinus,
Mammillaria geminispina var. nobilis)
英名en Twin spined cactus
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Biznaga metzolle 
葡名pt
漢名ch 白玉兎
植物分類 サボテン科マミラリア属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え(温室栽培)/鉢植え
原産地
distribution
メキシコ中部
花言葉 暖かい心・内気な乙女・秘めた熱意
解説
description
ハクギョクトは、サボテン科の多年草である。サボテンの中でも、本種の属するマミラリア属は、小型の玉サボテンである。語源の項でも述べたが、細かないぼがたくさんあり、細かい針状の刺を持つ。本種の場合、刺が白色で長いために全体的に白色に見える。形状は円柱形で、高さは15㎝前後程度で、掲載した写真に見られるように群落を構成するのが一般的である。花は茎頂に輪のように紫紅色の小花をつける。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考