←トップ頁へ

和名 マメカミツレ
漢字表記 豆加密列
別名・異名 コツラ・オーストラリス
古名
語源 和名の小形のカミツレの意からか。/属名は、ギリシャ語のkotule(=キャップ、蓋)を語源としている。頭花の形状を示している。/種小名は「南方の」の意。
学名 Cotula australis
英名 Annual buttonweed,
Southern waterbuttons,
Australian waterbuttons
仏名  撮影者:愛媛県 日原由紀子様
独名
伊名
西名
葡名
漢名 南方山芫荽
植物分類 キク科マメカミツレ属
園芸分類 一年生草本
用途
原産地 オーストラリア~ニュージーランド
花言葉   
解説 マメカミツレは、キク科の1年草である。草丈は5~25㎝程度。茎は細く平伏し、長軟毛に覆われる。葉は2回羽状複葉、小列片は線形~線状披針形で、軟毛が散生する。本種は、ほぼ通年開花となる。茎頂に径5~8㎜程度の頭花をつける。花は、中心部に黄白色で筒状の雄花或いは両生花が多数並ぶ。筒状花の花冠は4浅裂する。筒状花の周囲には雌花が並ぶ。雌花は緑色で花冠を欠き、雌蘂だけとなる。果実は扁平な楕円形で、概して先端の2裂した花柱が残存する。   撮影地:愛媛県松山市 
履歴 本種は昭和15年(1940)頃、東京・神戸両税関内で帰化状態にあることが発見され、その後、本州中部以西を中心に帰化状態と化している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考