←トップ頁へ

和名 マメグンバイナズナ
漢字表記 豆軍配薺
別名・異名 セイヨウグンバイナズナ(西洋軍配薺)/コウベナズナ(神戸薺)
古名
語源 和名は、小さな軍配型の果実をつけるナズナの意。/属名は、ギリシャ語のlepis(=小鱗)を語源としている。果実の形から。/種小名は「アメリカ・バージニアの」の意。
学名 Lepidium virginicum
英名 Virginia pepperweed 群馬県館林市:城沼自然探勝路にて
仏名 Passerage de Virginie
独名 Virginian Kresse
伊名 Lepidio della Virginia
西名 Mancuerno
葡名 Mastruço
漢名 北美独行菜
植物分類 アブラナ科マメグンバイナズナ属
園芸分類 一年性草本(or二年性草本)
用途 野草
原産地 北米
花言葉 頑張って
解説 マメグンバイナズナはアブラナ科の一年草(または、越年草)である。本来は北米原産の外来植物であるが、現在我が国では帰化状態にある。人家の付近や荒れ地に群生しているのを見かける。草丈は20~60㎝程度。茎は直立し、上部で分枝する。根生葉はロゼット状で、葉には光沢が見られる。葉長は4~15㎝程度。茎葉は倒披針形である。5~6月頃枝先に総状花序を出し、緑白色の小花を多数見せる。花弁は4枚。種子は楕円状で、周囲に翼が見られる。
履歴 我が国では明治末期(1910年)頃に初めて神戸市内で採取されている。その後、我が国全土に広がりを見せ、全くの帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考