←トップ頁へ

和名 マメヅタカズラ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 豆蔦葛
別名・異名  ディスキーディア・フォルモサナ
古名
語源 和名は葉姿がマメヅタに似ていて蔓生植物であることから
属名はギリシャ語のdis(=2)とschidia(=樹木による土地)の合成語から。植物体にアリの住処を与えていることを示している。
種小名は「台湾の」の意。
学名 Dischidia formosana
英名 Dischidia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 台湾眼樹蓮
風不動
小葉眼樹蓮
蝙蝠藤
瓜子草
瓜子藤
上藤木
眼樹蓮
瓜子金、
石仙桃
植物分類 キョウチクトウ科フクロカズラ属
園芸分類 蔓性常緑多年草
用途 観葉植物(ハンギング・バスケット)/薬用(葉)
原産地 日本(沖縄県)~台湾・中国・ヴェトナム・マレーシア・タイ・オーストラリア
花言葉
解説 マメヅタカズラは、キョウチクトウ科の常緑多年草である。茎長は3m程度となる。葉は長さ10㎜、幅8㎜程度の肉厚な円形~広卵形で、茎に対生する。4~5月頃、葉腋から長さ短い花柄を出し、径5㎜程度で白色の壺形花を1~5個つける。花冠は5裂する。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧ⅠA類(CR)
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考