←トップ頁へ

和名 マメダオシ
漢字表記 豆倒し
別名・異名 クスキューター・アウストラリス
古名
語源 和名の語源は「解説」欄参照。/属名はギリシャ語のkassayein(=からみつく)を語源としている。/種小名は「南方系の」の意。
学名 Cuscuta australis 
英名 Australian Dodder
仏名
独名
伊名  撮影者:愛媛県 日原由紀子様
西名 撮影地:西オーストラリア州
スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名 南方菟絲子
植物分類 ヒルガオ科ネナシカズラ属
園芸分類 寄生草本植物
用途 野草
原産地 日本/中国/東南アジア/オーストラリア
花言葉
解説 マメダオシはヒルガオ科の寄生植物である。根が無く、寄主から養分も水分も吸い取る植物である。主としてダイズに寄生し大きな被害をもたらすことがあるが、他にもヨモギハマヒルガオ、ミゾソバなどにも寄生する。夏に黄白色の蝋細工のような小さな壺形の花を見せる。掲載した写真で、緑色の細い棒状に見える部位は宿主植物の葉であり、黄緑色~褐色の蔓状の部位が本種である。写真(上)で、白色に見える部位は開花直前の蕾である。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
8 90 「潮の香」