←トップ頁へ

和名 マキシラリア・テヌイフォリア
漢字表記
別名・異名 ココナッツ・オーキッド
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ラテン語のmaxilla(=昆虫の上顎骨)を語源とし、側面から見た蕊柱と唇弁の形を昆虫の顎に見立てたものと言う。/種小名は、「薄葉の」の意。
学名 Maxillaria tenuifolia
英名 Coconut orchid
仏名 栃木県宇都宮市
独名 ワールドオーキッド in ろまんちっく村にて
伊名
西名 Orquídea coco
葡名
漢名 腋唇蘭
植物分類 ラン科マキシラリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 熱帯アメリカ
花言葉
解説 マクシラリア・テヌイフォリアはラン科の多年草である。メキシコ産の樹上着生ランである。本種は匍匐茎を上に伸ばし、長さ3㎝程度の偽鱗茎を密につける。葉は長さ30~40㎝の線状披針形で1枚だけつく。花は径6~7㎝程度で、花色は変化に富むが唇弁は黄色地で赤褐色の斑模様が入る。花にはココナッツを摺り下ろしたような芳香があるため、英名ではココナッツ・オーキッドと呼ばれている。開花期は夏~秋にかけてであるが開花期間は長い。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考