←トップ頁へ

和名 マキシラリア・ルフェスケンス
漢字表記
別名・異名 マキシラリア・ルフェッセンス
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ラテン語のmaxilla(=昆虫の上顎骨)を語源とし、側面から見た蕊柱と唇弁の形を昆虫の顎に見立てたものと言う。/種小名は、「赤味を帯びた」の意。
学名 Maxillaria rufescens 撮影地:新宿御苑
英名 Light fox-red maxillaria 撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科マキシラリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 熱帯アメリカ
花言葉
解説 マクシラリア・テヌイフォリアはラン科の多年草である。熱帯アメリカの200~2000m級山地の樹幹に着生するランである。草丈は20㎝程度になる大型の着生ランである。楕円形の偽鱗茎を持ち、その先に1枚の葉をつける。葉は革質の長楕円状披針形で長さ20㎝程度。12~3月頃、地際から短い花茎を立ち上げ黄色~褐色の花をつける。花色は産地により個体差が大きいと言われている。花は唇弁以外は黄色~黄褐色で、唇弁は黄色地に濃赤色の斑点が入る。花径は4㎝前後程度。花にはバニラ系の芳香を有する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考