←トップ頁へ

和名 マキシラリア・ホーテアナ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ラテン語のmaxilla(=昆虫の上顎骨)を語源とし、側面から見た蕊柱と唇弁の形を昆虫の顎に見立てたものと言う。/種小名は、ドイツ人ラン蒐集家のLouis Benoit van Houtteへの献名。
学名 Maxillaria houtteana 撮影地:とちぎ花センター
英名 Houtte's maxillaria
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科マキシラリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 メキシコ、グアテマラ、ニカラガ
花言葉
解説 マキシラリア・ホーテアナはラン科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の標高1700~2300m級高地での熱帯雨林の樹木や岩上に着生するランである。楕円形の偽鱗茎を持ち、その先に葉をつける。葉は革質の線形で長さ20~25㎝程度。原産地では、本種の場合、通年開花が見られると言うが、1~3月頃にかけてが最も多く開花が見られると言う。偽鱗茎の側方から長さ5~10㎝程度の花茎を伸ばし、花径2~3㎝程度の花をつける。花弁萼片は濃暗赤褐色で、唇弁には暗赤褐色の斑模様が入る。開花時にはココナッツ風の芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考