←トップ頁へ

和名 マジック
漢字表記
別名・異名 アネモネスプレーマム・マジック
古名     
語源 和名は品種名の音読みから。/属名はギリシャ語のchrysos(=黄金色)とanthemon(=花)の合成語から。/種小名に見られるDelphimumとは、DelphiniumとChrysanthemumの合成語であり、デルフィニウムのような咲き方をするキクの意から。
学名 Chrysanthemum 'Magic'
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:館林市・茂林寺境内
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 園芸作出品種(日本)
花言葉
解説 マジックはキク科の多年草である。鑑賞菊の分類では、スプレー菊のアネモネ咲きに分類される。園芸界ではアネモネスプレーマムの名で流通している。また、別には丁字咲きと言われる。草丈は60~90㎝程度となる。花径は3~5㎝程度。開花期は10~11月頃となる。マジック種の場合、舌状花は白色で、花芯部位は咲き始めは緑色でやがて黄色を経て白色となる。開花の進行と共に、花芯部位が盛り上がって来る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語 秋(キク)
備考