←トップ頁へ

検索名  マイヤラープ(タイの現地名)  
和名 オジギソウ
漢字表記 御辞儀草/含羞草
別名・異名 ミモザ/ネムリグサ/ビックリソウ/マイヤラープ(タイの現地名)
古名
語源 和名は、葉に触れると閉合し、葉柄までもが下垂してしまうところから。/属名はラテン語のmimos(=人まね)に由来している。/種小名は「内気な」の意。
学名 Mimosa pudica L.
英名 SensitivePlant/Touch-me-not/
Action Plant/Humble Plant/mimosa
仏名 mimosa
独名 Mimosa
伊名 mimosa
西名 mimosa/sensitiva
葡名 mimosa
漢名 含羞草/喝呼草
泰名 ไมยราบ 
植物分類 マメ科ネオジギソウ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉 感じやすい心
解説 オジギソウは、マメ科の多年草である。草丈は30㎝前後。葉は互生し、二回羽状複葉で、15対ほどの小葉からなり、外部の刺激で開閉する。茎には、白色の細毛が密生する。7~8月に淡紫紅色で球状の花を見せる。 
履歴 我が国には天保12年(1841年)に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2 『本草綱目啓蒙』  
季語  
備考