←トップ頁へ

和名 マイソレヤハズカズラ  撮影地:とちぎ花センター
漢字表記
別名・異名 ツンベルギア・マイソレンシス
古名
語源 和名は、原産地であるインドの都市名マイソールの名に因んでいる。/属名は、『日本植物誌』で知られるスウェーデンの植物学者ツュンベリーの名に因んでいる。/種小名はインドの都市名Mysoreの名に因んでいる。
学名 Thunbergia mysorensis
英名 Indian clock Vine,
Mysore trumpetvine
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 跳舞女郎
植物分類 キツネノマゴ科ヤハズカズラ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途 鉢植え/パーゴラ(暖地)
原産地 インド
花言葉 官能美
解説 マイソレヤハズカズラは、キツネノマゴ科の蔓性多年草である。原産地では4m以上にも伸びると言われている。葉は披針形で長さ10~15㎝程度。葉には3本の葉脈が良く見える。茎の上部葉腋から1m以上の長い総状花序を垂らし黄色い花弁で先端部が褐色を帯びた赤色の花を3~5月頃に見せる。花の大きさは径5㎝前後。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考