←トップ頁へ

和名 マドカズラ
漢字表記 窓蔓
別名・異名 モンステラ・アダンソニー・ラニアタ/モンステラ・フリードリッヒスターリー 
古名
語源 和名は葉に文字通り窓をつけたような穴があることから。/属名のMonsteraはラテン語で「怪物」を意味する。/種小名は18世紀のフランス人植物学者Michel Adansonの名に因んでいる。/種小名は、「引き裂かれた」の意。
学名 Monstera adansonii var. laniata(=Monstera friedrichsthalii)
英名 Swiss Cheese Plant
Adanson's monstera

撮影地:茨城県立植物園
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 多孔亀背芋
植物分類 サトイモ科ホウライショウ属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(果実)
原産地 ペルー、エクアドル、ブラジル
花言葉 深い関係、うれしい便り
解説 マドカズラは、サトイモ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の熱帯雨林に自生し、蔓性で各節から太い気根を出し、木や岩等に絡みつき、2m程度までに至る。株全体は無毛である。葉は革質で、光沢がある。葉は全縁で、長さは50㎝前後程度となり、葉面に窓のような穴が開いていることが和名の由来となっている。本種はサトイモ科の植物であり、70㎝程度の大きな仏縁苞を持ち、中に淡緑色の肉穂花序を持つ。開花後一年を経過すると果実は完熟する。完熟した果実は生食出来る。味は、バナナとパイナップルを合わせたような味と言う。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考