←トップ頁へ

検索名 マデイラカズラ(蔓)
和名 アカザカズラ
漢字表記 藜蔓
別名・異名 ウンナンヒャクヤク(雲南百薬=ユンナンパイヤオ)/オカワカメ(陸若布)/リュウキュウヒャクヤク(琉球百薬)/マデイラカズラ(マディラ蔓)
古名
語源 和名は、蔓性植物でアカザに似た葉を持つことからか。/属名はスペイン語のEnredadra(=絡まる、縺れる)を語源としている。/種小名は「心臓形葉の」の意。
学名 Anredera cordifolia
英名 Madeira vine,Lamb's tail,Mignonette vine
仏名  撮影者:沖縄県 比嘉善一様/撮影地:沖縄県北中城村
独名
伊名
西名 Parra Madeira
葡名 Vinho de madeira,Videira resadá
漢名 落葵薯
植物分類 ツルムラサキ科アカザカズラ属
園芸分類 多年生草本
用途 葉(食用)/薬用(零余子)
原産地 ボリヴィア、パラグアイ、ウルグアイブラジル、アルゼンチン
花言葉
解説 アカザカズラはツルムラサキ科の多年草である。蔓性植物で、他物に絡みついて草丈(蔓長)は3m以上にも及ぶという。茎は幾分赤味を帯びている。葉は厚味があり、表面には光沢がある心形で、茎に互生する。秋に葉腋から穂状花序を出し、黄白色の小花を多数つける。花には芳香がある。葉腋にはムカゴをつけ、このムカゴからも繁殖する。
履歴 古い時代に中国から薬用として琉球に渡来している。/現在、世界の熱帯各地では帰化状態にあるという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 281 「蔓もの」
18 30 「向日葵」