←トップ頁へ

和名 マダケ
漢字表記 真竹
別名・異名 ニガタケ・クチク(苦竹)/クレタケ(呉竹)/オダケ(男竹)
古名 マダケ(末太計)
語源 和名は、「真の竹」の意。つまり人間生活上最も用途が広いことから。/属名はギリシャ語のphyllon(=葉)とstachys(=穂)で葉片のついた苞に包まれた花穂の形状から。/種小名は「タケに似た」の意。
学名 Phyllostachys bambusoides 群馬県館林市にて
英名 Madake, Giant Timber Bamboo,
Japanese Timber Bamboo
仏名 Bambou géant
独名 Großer Holz Bambus
伊名 Phyllostachys bambusoides
西名 Bambú gigante
葡名
漢名 剛竹
植物分類 イネ科マダケ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(筍)/用材(枝:箒・竹垣/稈:建築材・工芸品・笊・籠等の日用品・楽器の尺八・竿・杖等)/籜(たく=筍の皮):草履・包装・版画のバレン
原産地 中国
花言葉 節度、節操
解説 マダケは、イネ科のタケササ類の一種である。我が国では北海道を除いて全国各地に見られる。稈の高さは最大では20mにも及ぶ。稈の径は10㎝程度となる。葉は披針形で長さ5~15㎝程度。籜(たく=筍の皮)には茶褐色の大きな斑紋が見られる。モウソウチク等よりも幾分遅れて5月頃にタケノコを出す。ほぼ半世紀に一度程度に一斉に開花し、その後は枯死してしまう。Topicsの植物回想録の中に「マダケについて」の記述があります。参照下さい。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『下学集』、『大和本草』、『物品識名』
季語
備考