←トップ頁へ

和名 マダガスカルクワズイモ
漢字表記 マダガスカル不喰芋
別名・異名 ティフォノドルム・リンドレイアヌム
古名
語源 和名は、産地名から。/属名は,ギリシャ語のtyphono(=台風)とodrum(=匂い、香り)の合成語から。/種小名は、英国の分類学者J・リンドレイの名に因んでいる。
学名 Typhonodorum lindleyanum Scott
英名 Water banana
仏名 Bananier aquatique
独名 Aquatischer Riesenaronstab
伊名 大阪府:咲くやこの花館にて→
西名 Typhonodorum
葡名 Banana-d'água、Bananeira-d'água
漢名 馬達加斯加巨水芋
植物分類 サトイモ科ティフォノドルム属
園芸分類 常緑多年草
用途 野草/路地植え/救荒植物(根茎※)   撮影者:大阪府・藤井勝様
原産地 マダガスカル島
花言葉
解説 マダガスカルクワズイモは、サトイモ科の常緑多年草である。原産地では、水湿地に自生が見られると言う。草丈は4mに達すると言う。花は、我が国のミズバショウにも似ている。所謂仏炎包であり、色は白色。長さは60㎝程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 根茎は有毒であり、食用にする場合は、水に晒してあく抜きを行うという。