←トップ頁へ

検索名  マーシュマロウ   
和名 ビロードアオイ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 天鵞絨葵
別名 ウスベニタチアオイ/マーシュマロウ
古名
語源 和名は、葉の感触から。/属名Altheaeは、ギリシャ語の「治療する」の意。/種小名のofficinalisは等しくギリシャ語の「薬用の」の意。
学名 Althaea officinalis
英名 Marsh mallow
仏名 Grande mauve
独名 Echte eibisch
伊名 Altea comune
西名  Malvavisco,Altea
撮影地:東京都薬用植物園 
葡名 Altea
漢名 錦葵
植物分類 アオイ科ビロードアオイ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/薬用/ハーブ
原産地 ヨーロッパ南部の地中海沿岸
花言葉 恩恵、慈善、優しさ 、説得
解説 ビロードアオイは、アオイ科の多年草である。ハーブの世界では、昔からマーシュマロウと呼ばれ乾燥させた茎・葉・根茎・花等を薬用として用いてきた。草丈は1~2m程度。葉は掌状で、浅く切れ込みが入る。8~9月頃に5弁の淡桃色の花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考