←トップ頁へ

検索名 マーガレット
和名 モクシュンギク
漢字表記 木春菊
別名・異名 マーガレット/キダチカミツレ/デージー/パリ/クリサンテムム・フルテスケンス/アルギランテムム・フルテスケンス
古名
語源 和名は、種小名の「低木状」を訳して出来たもの。/別名のマーガレットは、英名のmargueriteから。英名は、ギリシャ語のmargarita(=真珠)に因んでいて、白くて美しい花をたたえたものとか。/属名は、ギリシャ語のargy(=銀白色)とathos(=花)の合成語から。/種小名は「低木状の」の意。
学名 Argyranthemum frutescens(=Chrysanthemum frutescens)
英名 marguerite
仏名 grande maruguerite
独名 Marguerite
伊名 margherita
西名 margarita
葡名 margarita
漢名 蓬蒿菊/瑪格麗特
植物分類 キク科モクシュンギク属
園芸分類 低木状多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 ヨーロッパ(カナリー諸島)
花言葉   誠実/正確  
解説 マーガレットは、キク科の多年草である。草丈は、60~100㎝程度。葉は綠白色で互生し、羽状分裂する。3~6月頃に花茎の先端に白色(中心花は黄色)の花を見せる。花径は3~8㎝程度 
履歴 我が国へは明治年間に渡来したと推測されている。 
県花・国花 静岡県:南伊豆町花  
古典1  
古典2  
季語  
備考