←トップ頁へ

和名 クワクサ
漢字表記 桑草
別名・異名 ウメグサ
キリグサ
古名
語源 和名は、クワに似た草姿であることから。
属名の語源については不詳。(一説には東南アジアでの名前からと言う。)
種小名は「軟毛のある」の意。
学名 Fatoua villosa  撮影地:神代植物公園・植物多様性センター
英名 Hairy crabweed
Mulberry weed
仏名
独名
伊名 撮影者:東京都 山口米子様
西名
葡名
漢名 水蛇麻
植物分類 クワ科クワクサ属
園芸分類 1年生草本
用途 食用(若芽)
原産地 日本・朝鮮半島・中国
花言葉
解説 クワクサはクワ科の1年草である。我が国では、各地の路傍や荒れ地によく見られる野草である。草丈は、30~60㎝程度となる。葉・茎共に軟細毛が見られる。葉は、長さ3~8㎝、幅2~5㎝程度の卵形で、縁部には鈍鋸歯があり、先端部は尖り、基部では葉柄に連なり茎に互生する。9~10月頃、葉腋から花柄を出し、淡緑色の小花を多数つける。雌雄同株で、雄花の花被は4裂し、雄蕊は4個、雌花の花被も4裂する。花柱は紅紫色。花後には下半部が膨らんだ液質の痩果をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考