←トップ頁へ

検索名  クウシンサイ(空芯菜)   
和名 ヨウサイ  撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:カンボジア  
漢字表記 蕹菜
別名・異名 クウシンサイ(空芯菜)/エンサイ(蕹菜)/アサガオナ(朝顔菜)/カンコン(フィリピン名)/パック・ブン(タイ語名)
古名
語源 和名は漢名の音読みから。/別名の「クウシンサイ(空芯菜)」も漢名の音読みからであるが、本種は、水に浮くように茎が空洞になっていることを示している。/属名はギリシャ語のips(=いも虫)とhomoios(=似ている)の合成語からで、他物にからみついて這い上る習性を表している。/種小名は「水生の」の意。
学名 Ipomoea aquatica
英名 Water Spinach, Water Morning Glory, Water Convolvulus, Chinese spinach, swamp cabbage
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 蕹菜
泰名 ผักบุ้ง
植物分類 ヒルガオ科サツマイモ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途 食用
原産地 東南アジア
花言葉 善良な家風
解説 ヨウサイは、ヒルガオ科の蔓性多年草である。水辺や湿地に育ち、水に浮くように茎は中空になっている。葉は長鉾形~長卵形。花は、写真に見られるようなアサガオのような形状の淡紫色~白色の花をつける。沖縄県では食用に栽培もされていると言うが、九州以北では、開花は見られても結実はしないという。東南アジア諸国では、栽培もするが、自生種も食用にするという。葉も茎も食用とされる。栄養分としてはカロチンを豊富に含んでいるという。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考