←トップ頁へ
検索名  クチベニアロエ  
和名jp ジコウニシキ
とちぎ花センターにて
漢字表記 慈光錦
別名・異名
other name
ストリアータ
アロエ・ストリアータ
クチベニ(口紅)アロエ
サンゴ(珊瑚)アロエ
古名 
old name
 
語源
etymology
和名については不詳。(漢名の音読みからと推測される。)
属名は、アラビア語のalloeh(=苦みのある)を語源としている。
種小名は「線条のある、線溝のある」の意。
学名sn Aloe striata
英名en Coral Aloe
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 慈光錦之光
植物分類 ツルボラン科(←ユリ科)アロエ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
南アフリカ
花言葉 苦痛・迷信・邪教
解説
description
ジコウニシキは、ツルボラン科(←ユリ科)である。本種はアロエの仲間の中では珍しく葉の縁に刺を持たない。本種は、生育環境等により個体差が大きく出る事でも知られている。葉の縁に紅く色模様が入るものや、葉に線条紋が見られるもの、また、葉に白色の斑模様が見られるもの等々と様々である。草丈は1m程度に。葉は厚味があり、長さ50p前後程度に。12〜3月頃、長い花茎を立て、橙赤色〜桃赤色の筒条の小花を多数つける。花色も個体差が大きい。
履歴
県花・国花
古典
季語
備考