←トップ頁へ

和名 クテナンテ・ルベルシアーナ
漢字表記
別名・異名
古名 夢の島熱帯植物園にて→
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のkteis(=櫛)とanthos(=花)の合成語から。蕾時の形状が櫛の葉状に片方を向いて付くことから。/種小名はC. Lubbers(詳細不詳)への献名。
学名 Ctenanthe lubbersiana
英名 Never-never plant 撮影者:東京都 中村利治様↑
仏名 栃木花センターにて:GKZ撮影↓
独名
伊名
西名
葡名
漢名 黄斑竹芋
植物分類 クズウコン科クテナンテ属
園芸分類 常緑多年草
用途 鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉
解説 クテナンテ・ルベルシアーナはクズウコン科の常緑多年草である。草丈は1m程度に。葉は、長い葉柄を持った長さ25㎝前後程度の長楕円形(長方形に近い形状)で、全縁、先端は鋭頭。葉の表面には幾分光沢がある。花は、葉腋に花序を出し、太い刺状の蕾を同じ方向に向けて出す。花は、青紫色を帯びた3弁花で、基部が黄色くなる小花をつける。
履歴 我が国へは昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考