←トップ頁へ

和名 クテナンテ・クンメリアーナ  
漢字表記
別名・異名 クテナンテ・クメリアナ
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のkteis(=櫛)とanthos(=花)の合成語から。蕾時の形状が櫛の葉状に片方を向いて付くことから。/種小名の語源不詳。(人名に因んでいるものと推測される。)
学名 Ctenanthe kummeriana
英名
仏名 とちぎ花センターにて→
独名  
伊名 茨城県立植物園にて→
西名
葡名
漢名 小葉紫背竹芋
植物分類 クズウコン科クテナンテ属
園芸分類 常緑多年草
用途 鉢植え
原産地 ブラジル
花言葉
解説 クテナンテ・クンメリアーナはクズウコン科の常緑多年草である。草丈は1m程度に。葉は、長い葉柄を持った長さ15㎝前後程度の長楕円形で、全縁、先端は鋭頭。葉の表面は暗緑色で、主脈・側脈並びにその周辺部に銀白色の矢花模様が入る。葉裏は紫色である。
履歴 我が国へは昭和初期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考