←トップ頁へ

和名 クスリウコン
撮影者:東京都 山口米子様
漢字表記 薬鬱金
別名・異名 トゥムゥ・ラワ(インドネシア語名 Temu Lawaku)
古名
語源 和名は、我が国での流通名から。因みにシャロームとはヘブライ語で「平和」を意味する。/属名のクルクマはアラビア語の「黄色」から。/種小名は「黄色い根茎の」の意。
学名 Curcuma xanthorrhiza
英名 Temlawak、
Java ginger,
Javanese gonger
仏名 Temoe lawacq
独名 Javanische Gelbwurz
伊名
西名 撮影地:星薬科大学薬草園
葡名
漢名 爪哇薑黃
泰名  ว่านชักมดลูก
植物分類 ショウガ科ウコン属
園芸分類 多年生草本
用途 食用/薬用/染料/香辛料
原産地 インドネシア
花言葉
解説 クスリウコンは、ショウガ科の多年草である。ウコン属は10種類以上があるが、本種はインドネシアの固有種である。ガジュツに似ているが草丈は2mにも及ぶ大型のウコンである。根茎は肥大し、よく分岐する。根茎の内部は橙黄色で芳香を放つ。葉はカンナにも似た葉を付ける。春~夏に根茎から直接花茎を立ち上げる。下部の苞は緑色であるが、上部の苞は紅紫色を帯びる。花は、淡黄色の漏斗状で苞の基部から1個づつ出る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語  
備考