←トップ頁へ

和名 クスキューター・カンペストリス 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のcassyein(=絡みつく)から。/種小名は「原野生の」の意。
学名 Cuscuta campestris
英名 Western field dodder,
Gewone dodder,
Prairie dodder,
Large-seeded alfalfa dodder,
Golden dodder
仏名 Cuscuta des champs
独名  Nordamerikanische Seide
伊名 Cuscuta campestris,
Pittimo ungherese
西名 Pelillo,
Tinã
葡名
漢名 平原莬絲子
植物分類 ヒルガオ科ネナシカズラ属
園芸分類 一年生草本
用途 野草
原産地 北米
花言葉
解説 クスキューター・カンペストリスはヒルガオ科の1年草である。本種は、根を持たない蔓性の植物である。寄主から吸盤をつかって、養分も水分も吸い取って生活する。茎の太さは1ミリ程度で淡黄色~淡黄赤色で、右巻に宿主に巻き付く。葉は非常に小さな鱗片状である。オーストラリアでは2月~4月にかけて、茎の途中に多数の白い花を見せる。花は径3㎜程度で、萼片・花弁共に先端が5裂する。雄蘂は5個で、花冠より幾分突き出て、結実時にも残る。花後の果実は径2~3㎜程度のほぼ球形の蒴果で2~4個の種子を内包する。 
履歴 穀物の輸出入等により、付着した種子が分布を広め、現在世界的に広まりを見ている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考