←トップ頁へ

和名 クスダマツメクサ   撮影者:愛媛県 日原由紀子様
撮影地:西オーストラリア州・パース近郊
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓ 

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方
漢字表記 薬玉詰草
別名・異名 トリフォリウム・カンペストレ
ホップツメクサ(ホップ詰草)
古名
語源 和名は、花姿から。
別名に見られるhopとはアサ科のセイヨウカラハナソウのことで、花姿がその雌花に似ていることから。
属名は、「三葉の」の意。
種小名は「原野生の」の意。
学名 Trifolium campestre
英名 Hop trefoil
Field clover
Low hop clover
仏名 Trèfle des champs
独名 Feld-Klee
伊名 Trifoglio campestre
西名 trébol comun
trébol amarillo
葡名  Trevão
Trevo-amarelo
漢名 草原車軸草
植物分類 マメ科シャジクソウ属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え/グランドカバー
原産地 地中海沿岸地方~西アジア~北アフリカ
花言葉
解説 クスダマツメクサはマメ科の1年草である。か細い茎を持ちジザグザグ状に立ち上がり、草丈は50㎝程度となる。茎は途中で良く分枝をする。葉は3出複葉で茎に互生する。小葉は長さ5~15㎜程度、幅5~8㎜程度の卵形~楕円形で上半部の縁部には鋸歯を持ち、基部に近い縁部は全縁となる。6~8月頃、茎頂に穂状花序を出し、黄色い小花を多数(20~40個程度)つける。花は径5㎜前後程度の蝶形花であるが、やがて褐色へと変化する。花後には長さ3㎜程度の莢果をつけ1個の種子を内包する。 
履歴 本種は、現在、世界各地で帰化状態にあり、我が国も例外では無く、昭和18年(1943)に横浜市で発見され、現在では国内各地で野生化していることが報告されている。 
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考