←トップ頁へ

和名jp クシフィディウム・カエルレウム
漢字表記  撮影者:中村利治様

撮影地:筑波実験植物園
撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:京都府立植物園↑
別名・異名
other name
キシディウム・カエルレエウム
ジフィディウム・カエルレウム
古名
old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名は、ギリシャ語のxiphoide(=剣)を語源としている。葉の形状を示している。
種小名は「青色の」の意。葉色を示している。
学名sn Xiphidium caeruleum
英名en palmita
Soskia
仏名fr
独名de
伊名it
西名es Palmita,Cola de palma
葡名pt Palma del norte
漢名ch 鳩尾花
植物分類 ハエモドルム科クシフィディム属(一属一種)
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/薬用
原産地
distribution
熱帯アメリカ
花言葉
解説
description
クシフィディウム・カエルレウムはハエモドルム科の多年草である。熱帯アメリカの低地に自生の見られる野草であり、原産地では、手足のひび割れに民間薬として長く用いられてきたと言う。草丈は2m程度に。葉は光沢のある平たい剣状で、全縁、鋭頭で、基部は茎を抱き茎に互生する。葉腋から長い花茎を立ち上げ、上部に長い円錐花序を出し、径1㎝程度で白色の小花を下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考