←トップ頁へ

和名jp クサヨシ
群馬県館林市:城沼自然探勝路にて
漢字表記 草芦
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は、ヨシに比べると小形で軟らかいことから。
属名は、冠毛状の花序を持つある種の植物に対するギリシャ古名から。
種小名は「アシ(蘆)に似た」の意。
学名sn Phalaris arundinacea
英名en Reed canary grass
仏名fr Baldingère faux-roseau
独名de Rohrglanzgras
伊名it Saggina spagnola
西名es Cintes
葡名pt Capin-amarelo
漢名ch 鷊草
植物分類 イネ科クサヨシ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/小鳥の飼料
原産地
distribution
日本を含め北半球温帯地域
花言葉 辛抱強さ
解説
description
クサヨシはイネ科の多年草である。概して湿地に見られる野草である。草丈は70~180㎝程度。葉幅は8~15㎝。5~6月頃、円錐花序を出し、緑白色の花穂を見せる。花穂の長さは10から15㎝程度。小穂は卵形で平たい。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考