←トップ頁へ

和名 クサトケイソウ
漢字表記 臭時計草
別名・異名
古名
語源 和名は、悪臭を持つトケイソウの意から。/属名は「キリストの受難」の意。/種小名は「悪臭ある」の意。
学名 Passiflora foetida
英名 Wikd maracuja,Bush passion Fruit,
wild waterlemon,
stinkingpassionflower,
Love-in-mist,Running pop
仏名 Passiflore fétide  撮影者:東京都 中村利治様
独名  撮影地:タイ・スパン・ブリー 
伊名  
西名 Maracuyá silvestre,
Parcha silvestre
葡名 maracujá
漢名 毛西番蓮
植物分類 トケイソウ科トケイソウ属
園芸分類 蔓性常緑多年草
用途
原産地 ブラジル
花言葉
解説 クサトケイソウはトケイソウ科の蔓性常緑多年草である。全草に悪臭を持ち、特に潰すと顕著になる。茎には茶褐色の開出毛がある。葉は長さ10㎝程度の卵円形で、縁は3浅裂し、基部は心形となり、茎に互生する。7~10月頃、葉腋に径5㎝程度で白色、中央部が紫色の花をつける。花後に出来る果実は径2㎝程度の球形で橙色を経て赤熟する。食用は可で、甘味があるという。
履歴 ブラジルが原産であるが、東南アジアやポリネシアでは帰化し、野生状態にあるという。我が国でも沖縄では帰化状態あるという。
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考