←トップ頁へ

和名 クサノオウ
漢字表記 草黄・草王
別名・異名 タムシグサ/イボクサ/ニガクサ
古名
語源 和名は、一説には丹毒瘡に効用があるため瘡(くさ)の王からの転訛とも。また、別には、草が黄色の汁を出すからとも言われている。/属名はギリシャ語のchelidon(=ツバメ)に由来している。アリストテレスの命名と言われているが、母ツバメがこの植物の汁でひな鳥の目を洗い視力を強めるという言い伝えに因んでいるという。/種小名は「より大きい」の意。/変種名は「アジア産の」の意。
学名  Chelidonium majus var asiaticum   写真(上)撮影者:さいたま市 滝澤宏至様
英名 Greater celandine 撮影地:東京大学付属小石川植物園
仏名 chelidoine 写真(下)撮影:GKZ
独名
伊名
西名 撮影地:奥日光・赤沼
葡名
漢名 白屈菜
植物分類 ケシ科クサノオウ属
園芸分類 二年生草本
用途 野草/薬用
原産地 日本/サハリン/朝鮮半島/中国
花言葉 思い出
解説 クサノオウは、ケシ科の二年草である。比較的日当たりの良い路傍に普通に見られる野草である。草丈は30~60センチ程度。茎は中空で、白毛を見せる。葉は互生し、表面は緑色で、裏面には白色の細毛が見られる。6月頃写真に見られるような十字型の黄色い四弁花を見せる。葉を切ると黄色の汁が出る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』
季語
備考 有毒植物(全草)