←トップ頁へ

和名 クサネム
 群馬県館林市:多々良沼公園にて↑
群馬県館林市:城沼自然探勝路にて↓

漢字表記 草合歓
別名・異名 クサネムノキ
キツネム
古名
語源 和名は、ネムノキに似ているが草本植物であることから。
属名は、ギリシャ語のaeschynomenos(=恥ずかしがる)を語源としている。
種小名は「インドの」の意。
学名 Aeschynomene indica
英名 Indian jointvetch
仏名  Nélitte d'Inde
独名   
伊名  
西名   
葡名  
漢名 田皂角、合萌
泰名  โสนคางคก 
植物分類 マメ科クサネム属
園芸分類 一年生草本
用途 野草/飲料(実)
原産地 世界の熱帯~亜熱帯地域
花言葉
解説 クサネムは、マメ科の一年草である。概して水田、川や沼等の湿り気の多い地に自生が見られる。草丈は50~100㎝程度。葉は互生し、偶数羽状複葉で、葉質は軟らかい。小葉は20~30対程度。8~10月頃に葉腋から短い花序を出し、淡黄色のマメ科特有の蝶型花を見せる。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『物類品隲』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考